【得損】プロが教える「スーパーの刺身をおいしくする方法」を試した感想。水で洗って塩と日本酒。

「スーパーの刺身をおいしくする方法」を試しました。

得する人損する人で、銀座の人気店「割烹 智映」の店主・北山智映さんが公開していた方法です。

主な材料は刺身、塩、日本酒です。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料

 
刺身 10枚
日本酒 小さじ1
2つまみ

作り方

  1. 刺身(10枚)をボウルに入れ、水道水でお刺身をサッと洗いザルにとる。
    刺身はマグロやブリなど、いろいろな魚でも応用できる。ただし、生のイカやカニはもともと水気が多く水っぽくなるという理由から、あまりおすすめはできない
  2. キッチンペーパーでお刺身の表面の余分な水分を取る。
    サッと水で洗うことで、刺身のまわりに出てしまったくさみを取ることができる。
  3. もう一段階ステップアップする場合、さらにそのお刺身をボウルに入れ、日本酒小さじ1、塩2つまみをまぶし、軽く揉み、キッチンペーパーで余分な水分を取る。
    酒と塩をまとわせることで、
    塩 ➡魚が持っているうまみを引き出す。
    日本酒➡丸くする。

情報元:得する人損する人 「魚の女神が伝授 スーパーの刺身は 水 で洗い 日本酒&塩 で揉む」2018.02.01

では、試してみます!

「スーパーの刺身をおいしくする方法」を試してみました!

マグロとブリで試してみます

スーパーの刺身をおいしくする方法1

今回は、食べることが多いマグロ(赤身)と、臭みが気になりやすいブリで試してみます。

刺身をさっと洗い、余分な水分を取る

刺身(10枚)をボウルに入れ、水道水でお刺身をサッと洗います。

放送では異なる種類の刺身を一緒に入れていて、水に浸っているのはトータル5秒以内ぐらいの短時間でした。

こうすることで、周りに出た臭み成分をさっと洗い落とすことができるのだと解説していました。

また、買ってきてすぐ洗うのが良いと話していました。

キッチンペーパーでお刺身の表面の余分な水分を取ります。

これで一段階目は終了です。

塩と日本酒で揉み、余分な水分を取る

もう一段階ステップアップする場合、さらにそのお刺身をボウルに入れ、日本酒小さじ1、塩2つまみをまぶし、軽く揉みます。

キッチンペーパーで余分な水分を取ればできあがりです。

できました。

では、いただきます。

感想

良かったところ

表面のぬめりと臭みが和らいだ

(画像左から)そのまま、水洗い、日本酒と塩をそれぞれ食べ比べてみたのですが、ブリに関してはそのままだと口にいれた時点ですぐくる臭みと、後味とさらにそのあとに遅れてくる臭みが少し残る感じがあります。

まずくはないのですが、いいブリだとも思わない感じです。

水に通したものになると、口にいれてすぐの臭みがほとんど気にならなくなって、後味に残る臭みも、神経質な方なら少しわかるかもしれないといういくらいまで軽減されてるのがわかります。遅れて来る臭みは完全には取り切れていないので、だいたい7割減くらいといったところです。

水洗いしてしまうことで、水っぽい味になったり、食感が変わってしまうのでは?というのが気になっていたんですが、皮に近い部分の身の張りとか、そういうものも特に変化せずに残っていて良かったです。

(画像左からそのまま、水洗い、塩日本酒)マグロの方も、水洗いしたものは表面のぬめりのようなものや、生臭みが軽減されるので、ブリほどの大きな差ではないものの、水洗いしたものの方がおいしく感じました。

味も水っぽくはなったりせず、赤身の味も残っていて良かったです。

気になったところ

酒は日本酒を使う

お酒の部分は料理酒ではなく日本酒となっていたので、家庭によっては家にないところが手軽さに欠ける点だと思いました。

塩と日本酒までやる効果は誤差レベルに感じた

そして一番気になったのは、そのまま食べるのと水洗いの間には差が実感できたのですが、水洗いと酒・塩の間にはほとんど差を感じなかったところです。

(左からそのまま、水洗い、塩日本酒)むしろ、何度も触って水気をふき取ったりすることで、よく言えば引き締まっているようにもみえるんですが、悪く言えば身の表面が少しのっぺりして、色々触ったような見た目にも感じてしまいます(作る人の腕もあると思うのですが)。

見た目と味を全部考慮すると、私は「水洗いだけのものが一番作りやすく、それでいて十分満足できる」と感じました。

酒と塩で作ったものの味に関しては、塩でしょっぱいということも全然なく、ほのかに何かの味わいが付いたような感じで、それが日本酒と塩だということはわかりませんでした。

ただ、逆にそのほのかな風味がいつもと少し違うように感じてしまうところがあり、醤油をつけて食べるなら、水で洗うだけで十分だと思いました。

放送では鯛の刺身で試していて「高級店の味」と話していたので、淡白な魚で作るとまた違うのかもしれないというところでした。

結論:水洗いすると、そのまま食べるよりも表面のぬめりや生臭みが軽減されていてよかったです。ただ、追加の塩と日本酒に関しては、ひと手間に見合う効果は少なかったので、もうやらないと思いました。

(おすすめに近い)ふつうレシピ!

スーパーの刺身をおいしく食べるために、水洗いして塩と日本酒を加える裏ワザレシピ。

今回はマグロとブリをそれぞれ①そのまま、②水洗い、③水洗い+塩と日本酒で作って食べ比べてみたのですが、水洗いするかしないかのところで変化の差が大きかったです。

水洗いすると表面のぬめりのようなものと魚臭さが軽減される(でも食感は変わらず)なので、普段のお刺身や、値引きシールの張ってある安いお刺身を買ってきた時にも取り入れられる良い方法だと思いました。

一方、③の塩と日本酒までやると、ほのかに何かの味わいがついたようにも感じる仕上がりで、よく言えば上品、悪く言うとそれが余計にも感じる仕上がりで、魚の味を引き立てていると感じるかどうかには好みがわかれるところでしょう。

私としては、「見た目や味、手軽さを全部考えると、水洗いだけの方法が一番満足だった。」という結論でした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事