「東京塩豆大福」の感想

羽田空港で見つけた、「東京塩豆大福」。

手荷物を預けた場所の、通路沿いに売っていました。

東京塩豆大福1

買う気にさせられたのが、このキャッチコピーです。

やみつき

「やみつきになる究極の大福」

価格は1個240円程と少し高めですが、よほどおいしいのでしょう。

東京塩豆大福火の塩抹茶

「火乃塩 抹茶」味を買いました。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

豆の存在感、塩気、あんこの量、皮の柔らかさ、全部文句の付けどころ無しです。

まさに「これぞおいしい大福!」でしょう。

でも「究極の大福」は言いすぎです。

せっかくおいしいのに、キャッチコピーで損してますね。

結論

究極の大福とまではいかないが、価格相応のおいしさでした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事