【おびゴハン!】「豚肉の切干大根の煮物」を作った感想。手軽なのは良かったけれど・・【浜内千波さん】

「豚肉の切干大根の煮物」を作りました。

おびゴハン、浜内千波さんのレシピです。

主な材料は豚小間肉と切り干し大根です。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料(2人分)

豚薄切り肉 150g
切干大根 30g
おろしショウガ 1かけ
味噌 大さじ1
ゴマ 大さじ1/2

作り方

  1. ボウルに水と切干大根を入れ、約30回もみ洗いをし、ざく切りにする。
    戻し汁は捨てずにとっておく。豚肉は湯引きする。
  2. 鍋に①の切干大根と戻し汁を入れ、フタをして中火で柔らかくなるまで煮る。
  3. ①の豚肉を加えてさっと煮て、味噌、おろしショウガを入れたら煮切り、ひねりゴマをふる。
    切干大根の戻し汁には、味付けに砂糖を加える必要がないくらい甘みがあるので、捨てずに使う。

引用元:おびゴハン!浜内千波さん「豚肉の切干大根の煮物」2017.02.06

では、作ってみます。

「豚こま肉と切干大根の煮物」を作ってみました!

下ごしらえ

ボウルに水と切干大根を入れ、約30回もみ洗いをし、ざく切りにします。

放送では一度軽く洗って水けをしっかりしぼり、そのあと新しい水を入れて30回揉み洗いしてざく切りにしていました。

揉み洗いすることで戻す時間が不要になる裏ワザなのだそうです。

戻し汁の水の分量は、見ていた限りだとだいたい200~250㏄ぐらいを使っている様子だったので、250㏄で洗いました。


揉み洗いした戻し汁は捨てずにとっておきます(1回目の水は捨てました)。

豚肉は白くなるくらいにさっと茹で、ざるにあげておきます。

煮る

鍋に切干大根と戻し汁を入れ、フタをして中火で柔らかくなるまで煮ます。

公式サイトでは中火となっていますが、放送では煮立ったら弱火で煮ていたので、弱火で煮ました。柔らかくなる目安は白くなってくるぐらいだと話していました。

6分ほどして、柔らかくなりました。

豚肉を加えてさっと煮て、味噌、おろしショウガを入れたら煮切り、ひねりゴマをふります。

ひねりゴマはいりごまを指先でつぶしたもので、こうすることでゴマの香りがたつのだと話していました。

盛り付ければ完成です。

おびゴハン!「豚肉の切干大根の煮物」を作った感想。手軽なのは良かったけれど・・【浜内千波さん】

できました。

では、いただきます。

(ここからは辛口レビューです。)

感想

良かったところ

簡単

切り干し大根は戻す時間がいらないので、思い立ってすぐに作れるところは良かったです。
味加減はおかずだけでも食べられるくらいの濃さで、戻し汁の優しい甘みがほんのりとわかります。


砂糖も入っていないので、しっかりおかずというよりは健康的な味付けに近かったです。

切り干し大根使い切り

切り干し大根はスーパーで30g入りのものが買えたので、使い切りで作ることができました。
切り干し大根って意外と栄養価が良いので、手軽に使い切りで食べられるという意味では良かったです。

気になったところ

味噌味が少し水っぽい

おびゴハン!「豚肉の切干大根の煮物」を作った感想。手軽なのは良かったけれど・・【浜内千波さん】

肝心の味なんですが、味噌味の染み方が少し水っぽいので、よく絡んだ味噌味というよりはお味噌汁の中に浸しておいた切り干し大根のような、ぼんやりした味の染み方をしています。
なので、正直「ちょっとイメージと違う・・」と思ってしまいました。
これなら普通に醤油ベースの味付けの方がおいしかったかもと思いました。

結論:よく言えば健康的、悪く言うと味噌味がぼんやり。想像してたのと少し違う味噌味だった

ふつうレシピ!

切り干し大根と豚こま肉を使って作る、味噌味の煮物レシピ。

切り干し大根が手軽に使い切りで食べられるところは良かったですが、味噌味の染み方が二日目のおみそ汁の具のようなぼんやりとした染み方なので、味噌味といわれて想像する味とは少し違い、醤油味でもよかったなあと思いました。

他のレシピを探したいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事