【きょうの料理】「豆腐の長芋グラタン」を作った感想。ソースで好き嫌いがわかれました【ほりえさわこさん】

【きょうの料理】「豆腐の長芋グラタン」を作った感想。ソースで好き嫌いがわかれました【ほりえさわこさん】

「豆腐の長芋グラタン」を作りました。

みんなのきょうの料理、ほりえさわこさんのレシピです。

ホワイトソースを使わずに、はんぺんと長芋のソースでカロリーダウンさせるレシピです。

主な材料は長芋、木綿豆腐、はんぺん、ほうれんそうです。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料(2人分)

木綿豆腐 1丁(350g)
ほうれんそう 100g
はんぺん 1/2枚
【A】
長芋 100g
マヨネーズ 大さじ1+1/2
みそ 大さじ1/2
かたくり粉 小さじ1
削り節 1パック(3g)
しょうゆ
ごま油 小さじ1/2

つくり方

  1. 豆腐は1.5cm角のさいの目に切り、しょうゆ小さじ1/2をまぶす。新聞紙に紙タオルを重ねた上に広げ、10分間水きりする。ほうれんそうはゆでて水けを絞り、2cm長さに切る。
  2. 長芋ソースをつくる。ポリ袋にはんぺんを入れ、手でもんでつぶす。【A】を加え、すりこ木などでたたいて長芋を細かくする。
    〈★メモ〉ホワイトソースのかわりに、長芋ソースでエネルギーダウン!
  3. ほうれんそうを耐熱皿に入れ、しょうゆ・ごま油各小さじ1/2であえ、平らに広げる。
  4. 2のポリ袋の片隅を切り取り、ソースの1/3量をほうれんそうの上に絞り出す。1の豆腐をのせ、残りのソースをかける。削り節をふりかけ、オーブントースターで8~10分間焼く。
    〈★メモ〉削り節は焦げやすいので、様子をみながら焼く。

引用元:みんなのきょうの料理 ほりえさわこさん「豆腐の長芋グラタン」2017.01.11

では、作ってみます!

ホワイトソースを使わない「豆腐の長芋グラタン」を作ってみました!

下準備

豆腐は1.5cm角のさいの目に切り、しょうゆ小さじ1/2をまぶして新聞紙に紙タオルを重ねた上に広げ、10分間水きりします。

新聞紙で豆腐の水切りって初めてだったので、「なんで新聞紙?」と思ったのですが、「新聞紙は水を良く吸う性質があるから、水切り以外にも濡れた靴の中に丸めていれておいたりもしたのよ」と母に教えてもらいました。

新聞紙7枚分くらい色が変わっていました。

ほうれんそうはゆでて水けを絞り、2cm長さにきっておきます。

ソース作り

長芋ソースをつくります。

ポリ袋にはんぺんを入れ、手でもんでつぶしたら【A】(長芋、味噌、マヨネーズ、片栗粉)を加え、すりこ木などでたたいて長芋を細かくします。

オーブンで焼く

ほうれんそうを耐熱皿に入れ、しょうゆ・ごま油各小さじ1/2であえ、平らに広げます。

ポリ袋の片隅を切り取り、ソースの1/3量をほうれんそうの上に絞り出し、豆腐をのせ、残りのソースをかけます。

削り節をふりかけ、オーブントースターで8~10分間焼けば完成です。

鰹節は少し加熱してから乗せました。

【きょうの料理】「豆腐の長芋グラタン」を作った感想。ソースで好き嫌いがわかれました【ほりえさわこさん】

できました。

では、いただきます。

(ここからは辛口レビューです。)

感想

良かったところ

洗い物が少ない

ソースはポリ袋調理で、今回冷凍ホウレンソウを使ったので私は火を使わずに作れました。

ほとんど洗い物が出ないところは良かったです。

はんぺんでホワイトソース風のまとまり感が出る

肝心の味の方なんですが、見た目以外はホワイトソースとは別物ですね。山芋のとろみが少し残っているソースで、ところどころ山芋のシャクヤクとした食感があり、はんぺんをつぶしたことによるソースにまとまり感と独特の舌触りが出てきます。味噌のコクで深みも出るので、よく言えば「はんぺん入りでホワイトソースのようなまとまり食感がでた、新しさのある山芋ソース」という感じでした。

豆腐は醤油の下味がついているので味気なさを感じさせない点は良かったです。

気になったところ

ソースの味と舌触りで好き嫌いがわかれる

山芋もはんぺんも少し生感がのこっているので、どちらも好きな人なら問題ないですが、そうでない人だと生っぽい食感が苦手に感じるでしょう。

また、見た目はホワイトソースに近いけど、敏感な家族はつぶした生はんぺんの独特の食感と魚臭さがわかってしまったようで、苦手だと話していました。

生っぽい食感のものが苦手な人や山芋とはんぺんが好きでない人にとっては少し不思議なソースでもあり、好みが別れるでしょう。

新聞紙以外の方法も書いておいてほしかった

あと、水きりに新聞紙を使わない方法も書いておいてほしかったです。新聞紙って今とってない家庭もあるし、濡れた新聞紙は資源ごみに出すなら乾かさないといけないので、他のやり方も紹介されていたらなお良かったです。

結論:少し生っぽさと独特食感のソースで好みがわかれる。

(イマイチに近い)ふつうレシピ!

長芋とはんぺんでホワイトソースのような見た目にする、グラタンレシピ。

ソースの見た目はホワイトソースですが味は別物で、長芋とはんぺんの生っぽさが少しわかるので、どちらも好きな人ならアリだけど、生っぽいのが苦手な人や魚臭さに敏感な人には苦手に感じる料理でした。

ホワイトソースのカロリーを控えたという点は良かったのですが、はんぺん入りなのでただの長芋とも違う、ホワイトソースに似せようとして作った不思議なソースという印象がぬぐえず、料理としてはまた作りたくなるほど心が動かなかったです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事