【セブン】揚げパン(ココア)を食べた感想。

セブンイレブンで「揚げパン(ココア)」を買ってきました。

12月20日からの新商品で、パンコーナーにおいてありました。

公式サイトの情報のよれば「食べ応えのあるココア味の揚げパン。上生地にココアパウダーをまぶし、ココアのほろ苦さと甘さが味わえる」が売りです。

ココアの揚げパンは初めてなので、見た目に少し驚きました。

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想:砂糖の粒も入っているのでほろ苦さはほとんど感じない。

ココアパウダーの味は一応はわかるのですが、砂糖の粒もかぶされているので、見た目ほどココアは効いていないです。また、ほろにがさはあんまり感じないですね。

シナモン味のように後は引かないので、食べやすさだけでいえばココアの方がクセがない味でした。

とはいえ揚げパン自体が食べにくい点と組み合わせに特に魅力を感じず、あれば食べるけどまた食べたいという気持ちにはならなかったです。

給食の揚げパンって地方によって違って、シナモン、シュガー、きなこ、ココアなどいろいろあるので、自分の地方の給食が何揚げパンだったかによってだいぶ補正がかかるだろうと思いました。

ちなみに、私の所はシナモンでした。

結論:ココアは見た目ほど濃い味ではない。悪くないが良い印象にも残らなかった

ふつう菓子パン!

揚げパンにココアパウダーをまぶした菓子パン。

揚げパンは少しふんわりした柔らかさのある生地で、砂糖の甘さもあるのでココアパウダーのほろ苦さはほとんど感じなかったです。

シナモンのようにクセのある後味ではないので、小さい子向きならこちらの方が食べやすさがあるでしょう。

給食がココア揚げパンだった人はプラス補正がかかりやすいですが、それ以外の味を食べてきた人だと食べなれないことによるマイナス補正がかかりやすいパンですね。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事