「じゃがりこの塩とごま油味」はじわじわとおいしく感じてくるお菓子でした

じゃがりこ塩とゴマ油味を食べた感想

「じゃがりこ塩とごま油味」を買ってきました。

11月14日から3月中旬までの限定販売です。

公式サイトの情報によれば「香ばしいごま油の風味を塩味で引き立てた、後引く味わい。
彩りと味のアクセントでキャベツを練り込み、やさしい甘みを感じる。」と書いてあります。

蓋を開けると、ごま油の香りがわかります。

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想:ゴマ油の風味が後を引く素朴なおいしさ

食べてみてもごま油の味と風味がちゃんとわかり、再現度はアリです。

ゴマ油の味の強さはパンチの有るしっかり味というよりは、ゴマ油を使った料理の後味に感じるような、美味しいと感じる範囲の食べやすさのある味です。

しお味は後味にほんのりあるけれど、他のじゃがりこの塩気とはさほど違いがわからなかったです。キャベツも味はわからなかったですね。

個人的にバターを使ったじゃがりこは食べているうちにくどくかんじてしまう点が気になっていたのですが、これは口はテカテカしてくるものの、バター系ほど油っぽく感じず、ゴマ油の素朴な風味を楽しめて普通よりおいしかったです。

突き抜けるような感動はないけれど、じわじわと美味しく感じてくるような、素朴タイプのじゃがりこと言えるでしょう。

結論:ゴマ油味がちゃんとわかって味加減も良し。じわじわ好きになる素朴系

(おすすめに近い)ふつうお菓子!

ごま油の風味を塩味で引き立てた、後引く味わいのじゃがりこ。

ゴマ油の風味と味はちゃんと再現されていて、「感動するようなおいしさではないけれど、食べて言ううちに後を引く風味がじわじわ好きになっていくような、素朴系なじゃがりこ」でした。

ふつうよりおいしかったです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事