【セブンイレブン】「苺みるくの和ぱふぇ」はいちごみるく味なデザートという言葉がぴったりでした。

セブンイレブンで「苺みるくの和ぱふぇ」を買ってきました。

11月22日からの新商品です。

公式サイトの情報によれば、「苺ミルクムース、練乳寒天、ホイップクリームを組み合わせた和風パフェ、トッピングにミルク感のあるホイップ、抹茶餡ホイップ、苺果肉ジュレ、白玉を華やかに飾った」と書いてあります。

セブンイレブン「苺みるくの和ぱふぇ」を辛口レビュー

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想:苺感は上の果肉ジュレのみで、全体的にいちごみるくを想像させる味

上にのっている果肉ジュレだけは苺感があるのですが、全体的に苺が濃厚っていうタイプではなく、苺ミルクを連想させるやんわり苺味です。

ムース部分も苺というよりはいちごみるく味ですね。

練乳入り寒天は言われればちょっとコンデンスミルクっぽい?と思いますが特に大きな違いは判らなかったです。でも味気なく感じないところは良かったです。

セブンイレブン「苺みるくの和ぱふぇ」を辛口レビュー

ムース部分、寒天、クリームを全部一緒に合わせて食べると、ムースからは苺ミルクの味、寒天とクリームから練乳のコクのような味が伝わってきます。練乳の甘さを大切にしているのか、砂糖の甘ったるさはほとんど感じません。

しっかり苺デザートを求めている人には物足りなく感じるかもしれませんが、苺ミルクデザートとしてなら普通よりもおいしくできていると思いました。

しらたまももちもちしていて、普通においしかったです。

結論:いちごみるく味のデザート部門なら、なかなかおいしいです

(おすすめに近い)ふつうデザート!

苺ミルクムース、練乳寒天、ホイップクリーム、苺果肉ジュレ、白玉を組み合わせた和風パフェのデザート。

名前の通りいちごみるくの味が広がるデザートでした。

甘さはそんなにくどくなく、口直しの抹茶クリームも入っているので、クリームを使ったコンビニデザートの中では比較的むねやけしにくく食べられたところも良かったです。

寒天も練乳が入りだったり、苺果肉の入ったジュレも添えてあったりと、一つ一つに小さな手間をかけていることで食べた時にまとまり感があって、ふつうよりおいしかったです。

苺のパフェとして買うと苺感のなさに物足りなく感じると思うのですが、苺ミルクデザートとして食べると、なかなかこだわりが感じられる良いデザートだと思いました。

「苺ミルク好きは買うべし!」と薦められるクオリティです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事