【ローソン】クレープ包み(チョコチップ&バナナ)をクレープ好きが食べた感想

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

ローソンで「クレープ包み(チョコチップ&バナナ)」を買ってきました。

11月8日からの新商品です。

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

公式サイトの商品説明によれば、「チョコチップ入りチョコクリームとバナナスライスをクレープで花束のような形に包んだ。ホイップクリーム、削りチョコ、シュガーコートアーモンドをトッピング。」と書いてあります。税込み295円と少し高めです。

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想:良くも悪くも「よくあるクレープ」。生地はクレープ屋さんに劣る

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

下の部分にはチョコクリームとチョコチップが入っていて、輪切りバナナが2切れ位入っていました。チョコチップの食感がアクセントになっていてよかったです。

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

上の部分はチョコチップ、生クリームにナッツと一切れほどバナナがはいっていました。

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

で、生クリームの味は良く言えば「よくあるタイプの味」なんですが悪く言うと「胸焼けしそう」な重さの残るクリームで、私は胃があんまり強くないものですから、1個食べ終わった時の感想は満足感よりもちょっとクリーム重いなと感じました。

クリームが甘さ控えめのクレープってなかなかないから、ここはしょうがないかもしれないですね。

クレープ包み(チョコチップ&バナナ)

あと、クレープ屋さんのクレープとの一番の違いは、生地ですね。

生地が張りがなくてちょっとふにゃっとしているところと、生地の巻きが少ないところがクレープ屋さんのものと比べると劣ると思いました。

とはいえ中の具に関しては、クレープ屋さんでもよくあるチョコバナナホイップとほとんど変わらなかったので、「近くにクレープ屋さんがない!でもクレープ食べたい!」という人の気持ちを鎮められる程度には満足できるデザートでした。

結論:クレープを食べたい人の気持ちは鎮められるが心が動くおいしい!はなかった

ふつうデザート!

中にチョコクリーム、チョコチップ、アーモンド、生クリーム、バナナが入っているクレープのデザート。

生クリームが胸焼けしやすい後味でしたが、クレープやさんでもよくあるタイプの味にまとまっていました。

生地に張りがない点と巻きが少ない点は気になりましたが、クレープとしては最低限のラインはクリアしていました。

とりあえずクレープ食べたい!という人は満足できるデザートでしょう。

ただ、このクレープをわざわざリピートしたくなるほどには印象は残らなかったです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事