【今日の料理】「チーズディップ」を作った感想。生キュウリと蒸しさつまいもにバッチリでした。【平野レミさん】

平野レミさんの二度漬け禁止クリームチーズディップを作った感想

「 二度漬け禁止のチーズディップ」を作りました。

今日の料理、平野レミさんのレシピです。

主な材料はクリームチーズ、マヨネーズ、パセリ、たまねぎです。

では、作り方と感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

作りやすい分量

たまねぎすりおろし 大1
こしょう 少々
パセリのみじん切り 小2
クリームチーズ 大4
マヨネーズ 大2
きゅうり、セロリ、パプリカなど好みの野菜 ひと口大にして適量

作り方

  1. 野菜は二度漬けせずに一口で食べられるよう、一口サイズに切っておきます。
  2. クリームチーズは常温に戻すか、600W15秒で柔らかくしておく。
  3. 玉ねぎをすりおろして軽く水気を切り、全ての材料を混ぜ合わせれば完成です。

「ひと口大で切っておけば食べかけの野菜を付ける必要もないので、人が集まる席でも清潔に食べられて良い。」と話していました。クリームチーズ大4、マヨネーズ大2、たまねぎすりおろし大1と、徐々に半分になっていくのが分量のポイントとも話していました。

では、ここからは辛口レビューです。

感想

良かったところ

簡単

平野レミさんのチーズディップを作りました

材料を混ぜるだけなので簡単です。

たまねぎはすりおろす必要があるのですが、大1だけでいいので量も少なく、すぐに終わるので気になるほどではなかったです。

クリームチーズ

また、クリームチーズはミニの袋4個入りのものが大4と同じくらいの分量でした。

気軽に使いきりできる分だけ買えるところが気に入りました(60g)。

お肉、生野菜、蒸し野菜と幅広く合わせられる

foodpic7387042

味はすっきり味のシーザーサラダソースにクリームチーズの細かい粒が入ったようなイメージです。

すりおろした玉ねぎが味に深みを出していて、生野菜にはもちろん、蒸し野菜やお肉にのせてもおいしかったです。

蒸し野菜にも

今回は豚肉、生にんじん、生キュウリ、蒸しさつまいも、蒸しさといもに乗せて食べてみたのですが、生キュウリと蒸しさつまいもとの相性が特に印象に残りました。

【追記】その後何度も作っていて、生パプリカやセロリもおいしかったです!

生キュウリは野菜のさっぱり味に小さな粒のクリームチーズのコクがうまくはまっておいしかったのと、蒸しさつまいもはお店に売っているクリームチーズ入りのさつまいもサラダを食べているような、少し贅沢なものを食べているような気持ちになりました。

豚肉も普通よりおいしくて、にんじんと蒸し里いもに関しては可もなく不可もなく、という感想でした。

レミさんは「つくりおきしておいてパンにぬってもいいわよ」と話していました。

結論:クリームチーズが使い切りできるので作りやすい。肉から野菜まで幅広く行けるディップソース

おすすめレシピ!

クリームチーズ、パセリ、たまねぎのすりおろし、マヨネーズ、塩を合わせたディップレシピ。

お肉、生野菜、蒸し野菜と幅広く合わせられて、味もおいしかったです。

とりわけ蒸しさつまいもに関しては、さつまいものクリームチーズサラダを食べている気分になれて、思い出すと「あれだけでまた食べたい!」と思ってしまうくらい、記憶に残るおいしさでした。

また、クリームチーズもスーパーのミニパックを買えば使い切りできるので、気軽に何度も作りやすいところが良かったです。

まだまだディップソースのレパートリーは少ないので、色々作っていきたいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事