【3分クッキング】「さばと大根のキムチ煮」を作った感想。半量で作ったら失敗しました

http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20161027.html

「さばと大根のキムチ煮」を作りました。

キューピー3分クッキング、藤井恵先生のレシピです。

主な材料はサバ、大根、キムチ、長ネギです。

キムチ効果で食べやすく「さばと大根のキムチ煮」のレシピを紹介!

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

さばと大根のキムチ煮

良かったところ

キムチと大根からサバのうまみがする

キムチと大根、サバというのは初めて食べる組み合わせだったのですが、食べてみるとキムチのうまみがをからめて頂く鯖煮という印象で、ごはんがすすむくんを使った所キムチの酸味も全然なく、すんなり受け入れられる味でした。

大根は柔らかくてみずみずしさもあるので、一緒に食べるとサバの少し縮んだ身のパサつきを気になりにくくしてくれます。

キムチベースのタレの中に鯖の味は隠れてしまう部分もあるんだけど、サバのうまみが大根やタレにもほんのりうつっているのがわかるので、サバの存在感はちゃんと残ってました。組み合わせの印象は良かったです。

気になったところ

半量で作ったら失敗した

foodpic7317430

これはレシピが悪いのではなく私のミスなんですが、量だけ半分にして時間はレシピ通りに作ったら、汁気がなくなって失敗しました(画像はまだ汁気があった時のものです)。

失敗を嘆きながら盛り付けていたところ、「蒸発する水分ペースは同じくらいなんだから、半量にするなら火弱めたり時間短くしないとだめでしょ。」と母につっこまれました。

結局煮詰めた時間が多めだったせいで、からめるタレがなくなってしまいました。タレは公式の出来上がり画像を見て、これくらい必要なのか~って覚えておいた方が良かったです。

中は味がしみてなかった

さばと大根のキムチ煮

表面はキムチのタレがよく染みているように見えるのですが、表面の骨を取るとただ蒸したような状態で、味もそのまんまです。私のように失敗しなければタレをからめられるのでまた印象が違うと思うんですが、もう少し味が染みてた方が良かったなぁと思いました。

魚の処理が気になった

魚は水気をふいて切り込みを入れて煮るだけなので簡単なんですが、食べてみるとほんの少しだけ魚臭さが残っているように感じた点は気になりました。

結論:タレの量を気を付けれればもっと印象は良くなると思う

ふつうレシピ!

大根を下にしいて、キムチで煮込むサバの煮物。

キムチの旨味もあるけど鯖の旨味や風味も感じられて、組み合わせが悪いということはなかったです。

全部を一緒に食べると、大根とキムチの水分が鯖の身の縮まった硬さをやわらげてくれるところが良かったです。

ただ、半量で作った限りでは中まで味が染みてなかった点、魚臭さが少し残っている点が気になりました。「組み合わせは良い印象だったのだけど、メインの鯖が周りに比べておいしさを発揮しきれていないように感じた」という感想でした。

とはいえ、私は肝心なタレの量で失敗しているので、タレをからめながら食べれば印象はもっとよくなってただろうという気持ちはありました。

レシピには「タレが少し残るくらいに」としか書いてありませんでしたが、公式の出来上がり写真のタレの量を人数掛けしたくらいを目安に残したほうが良かったです。

家族全員初めてでしたが、組み合わせについては比較的良い印象だったので、作ってみようか悩んでいる方は一度作ってみる価値はあるレシピです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事