「ピーマンのちくわのきんぴら」はいいね!これはサブおかずにリピートだ【3分クッキング】

ピーマンとちくわのきんぴら

「ピーマンとちくわのきんぴら」を作りました。

キューピー3分クッキング、清水 千代美先生のレシピです。

主な材料はピーマン、ちくわ、しょうが、あと仕上げに七味を使います。

「ピーマンとちくわのきんぴら」のレシピを紹介!

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

ピーマンとちくわのきんぴら

良かったところ

簡単スピードメニュー

ピーマンとちくわを切って焼き、味付けだけなのでとても簡単でした。

シンプルな味でサブおかずなら十分おいしい

簡単ですぐできる割に、味も良くてサブのおかずなら十分おいしいです。

味付けは醤油とみりんだけなんですが、みりんの甘みだけで大丈夫でした。

味気ないという事もなく、素材の味がいきたシンプルな味です。七味で味がしまるので、簡単な割においしくて良かったです。

レシピ通りにやるとピーマンの食感は残ったままなので、柔らかいのがいい方は最初にピーマンがくったりするまでゆっくり炒めるとよかっです。

気になったところ

分量の表記が紛らわしかった

レシピはちくわ2~3本、ピーマン4個と表記がしてありますが、グラム表記の方を見て買ったほうが良かったです。

それぞれ一袋用意したらちくわは200gのところが120gしかなかったり、ピーマンも計ってみたら半分くらいしかなかったりと、結局半量になってしまいました。

半量だと4人前のサブおかずには寂しい分量でした。

逆に2人暮らしの方なら1袋ずつ買って作れば丁度良い量になるのでおすすめです。

結論:簡単シンプルおいしい。七味で味がしまる所も良かった

おススメレシピ!

ちくわとピーマンをいためるだけの簡単なきんぴらのおかず。

簡単、シンプル、おいしいの3拍子が整っているので、サブのおかずにどんどん使いたいレシピになりました。

ちくわとピーマンは1袋だとレシピの分量と違うものもあったので、重さの方をチェックしながら買うか、とりあえず1袋ずつ買って、重さで調味料の倍率を合わせて作るのも良いです。(半量で作ってもおいしくできました。)

このレシピは一年中使えるので心強いです。七味でさらにおいしくなります。

また作りたいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事