【3分クッキング】牛肉とスライスいんげんの炒めものを作った感想。う~ん。

牛肉とスライスいんげんの炒めもの

「牛肉とスライスいんげんの炒めもの」を作りました。

3分クッキング、藤井恵先生のレシピです。

主な材料はいんげん、牛肉、しめじです。豆板醤とナンプラーも使います。

スライスいんげんにご注目あれ「牛肉とスライスいんげんの炒めもの」のレシピを紹介!

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

牛肉とスライスいんげんの炒めもの

良かったところ

いんげんをスライスするのが新しかった

いんげんスライス

このレシピではいんげんをスライスして使うのですよ。

まな板の上にいんげんをおいて、ピーラーでなでるとすーっとスライスできます。

こういう使い方は初めてだったので、面白かったです。

気になったところ

スライスいんげんのはねかえりが気になった

スライスいんげんはゆでるのではなく炒め蒸すのですが、肝心の食感は近いものだと「あまり炒めていない細切りピーマン」でした。ちょっとポリポリする感じです(レシピ通りに3分蒸した)。

また、皮付の一番外側の面は跳ね返るような硬さがあって、ナスの皮みたいにキュッキュする部分がありました。

私はなすの皮のはねかえりが嫌いなので、あまりおいしいとは感じなかったです。

レシピでは少量の水で蒸し炒めにしているんですが、やっぱりきちんと茹でたものよりは硬さが残っていて、茹でいんげんとは食感が違いました。

私は茹でたいんげんの柔らかい食感の方が好きです。

味が少しぼやけてる

味の辛さはそこまで強くないので、おかずだけでも十分食べられます。唇がヒリヒリしたり、ヒーヒーする辛さはないので食べやすいです。

ただ、味付けが悪くはないんですが、ぼやっとしたメリハリのない味に感じました。

こしょうが入っていないからなのかなあ?なんて思いながら食べていましたが、味付けに不満が残った点は残念でした。

結論:スライスいんげんの新しさ以外は決め手に欠けた

ふつうレシピ!

いんげんをピーラーでスライスする所が特徴の牛肉の炒め物。

スライスいんげんは新しかったけど、レシピ通りにやっても茹でた時のように全体は柔らかくならず、ナスの皮のような跳ね返るのある部分が気になりました。

味付けもぼんやりして決め手に欠ける味だったので、リピートはないです。

ただ、スライスいんげんは面白かったので勉強になりました。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事