セロリとこんにゃくの中華風炒めは組み合わせはいいのですが

こんにゃくとセロリ

「セロリとこんにゃくの中華風炒め」を作りました。

みんなのきょうの料理、杵島 直美さんのレシピです。

主な材料はこんにゃく、セロリ、ささみ肉です。

杵島 直美さんのセロリを使った「セロリとこんにゃくの中国風炒(いた)め」のレシピページです。かみごたえのあるこんにゃくに、鶏ささ身をプラスして満足感のあるおかずに仕上げました。少量のオイスターソースで風味付けをします。 材料: セロリ、こんにゃく、鶏ささ身、合わせ調味料、塩、こしょう、サラダ油、ごま油

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

セロリとこんにゃくの中華風炒め

良かった所

セロリとこんにゃくの組み合わせはアリ

セロリのシャキシャキとこんにゃくの柔らかさは、一緒に食べると食べごたえが出るうえに楽しめました。組み合わせとしてはアリでしょう。

気になったところ

ささみのパサつきが気になる

ささみに片栗粉をまぶさずに焼くので、出来上がったささみのパサつきが気になりました。

甘みがない

調味料はオイスターと醤油ベースで砂糖は入っていません。

味は食べやすいぼんやり醤油味というイメージなんですが、甘みがないのでやや平坦な味です。砂糖やみりんが入っていたほうがよりよかったと思いました。

量は少な目

4人分作ってサブおかずに丁度いいくらいの量でした。何品目か作るときの一品として作ると丁度良かったです。

結論:セロリとこんにゃくは悪くなかったけどその他が残念

(おすすめに近い)ふつうレシピ!

セロリとこんにゃくの食感の違いが楽しい、オイスター醤油ベースの炒め物。

特に気になったのは、鶏肉に片栗粉をまぶさないのでパサつきが気になる点、砂糖みりんが入っていないので味に奥行きが出ていない点です。

セロリとこんにゃくは悪くなかったけれど、それ以外については気になる点が多かったので、また作りたいとは思いませんでした。

ささみレシピを色々作ってきて分かってきたんですけど、ささみをほぐさない焼きレシピは、片栗粉使ってないとまず美味しくできないですね。

レシピを選ぶ時の勉強になりました。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事