【3分クッキング】かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけの感想

かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ

「かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ」を作りました。

3分クッキング、小林まさみ先生のレシピです。

主な材料は、めかじきの切り身、トマト、パン粉です。

おいしい仕掛けで盛り上がろう「かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ」のレシピを紹介!

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ

良かったところ

お洒落な料亭で出てきそうな味

魚の切り身に焼きトマトと焼いたパン粉がのっていて、家庭料理では見慣れないような、お洒落さのある外見と組み合わせです。

味はパン粉に多少のガーリックが入っているものの、レモン、塩コショウのシンプルな味付けです。

ですが、魚のしっとり感、トマトのジューシーさ、パン粉のカリカリ食感が合わさると、まるでお店で出てくる1品料理を食べているような、洗練されたおいしさを感じます。

いつもよりお洒落なお皿を使って盛り付ければ、より普段とは違う雰囲気が出て良かったです。

この料理の最大の魅力は、「基本はシンプル味でありながらそれぞれ食感が異なるので、口に入れた時においしさが割増するところ」でしょう。

グリルを使わない

魚の加熱はフライパンで済むので、グリルを洗う手間がないのはありがたかったです。

気になったところ

お箸だと食べにくい

かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ

トマト、メカジキ、パン粉は一緒に食べるとおいしいのですが、トマトを一口サイズに切ろうとすると、お箸ではやりにくかったです。

ナイフとフォークを使って食べてもよいでしょう。

結論:魚料理は特に好きではないけど、おいしかった

おすすめレシピ!

味付けはシンプルだけど、それぞれの食感の違いでおいしさ割増の計算された魚料理。

私はインゲンなしで作りましたが、充分満足できました。

メカジキは近所の中規模スーパーでも売っていて、1切れ150~200円位でした。

パン粉のサクサクは時間がたつとなくなってきてしまうので、食べる直前にかけることだけ注意しておけば大丈夫でした(手順はレシピ通りで大丈夫です)。

家庭料理では見慣れない外見なので、良いお皿で盛り付けると、より雰囲気が出ていいですよ。

カリカリ×ジューシー、あるいはカリカリ×しっとりなど、二つ以上の異なる食感がある料理を好む人には、この料理は気に入る確率が高いです。

魚料理がとりわけ好きではない私でもおいしかったので、このレシピはまた作りたいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事