【3分クッキング】トマトのコンポート、おいしい・・!トマトがデザートになった

トマトのコンポート

「トマトのコンポート」を作りました。

3分クッキング、野口真紀先生のレシピです。

主要材料はトマト、シナモン、レモンです。

香りも甘みも洗練された味わい「いちじくのコンポート/トマトのコンポート」のレシピを紹介!

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

トマトのコンポート2

良かったところ

フルーティ

トマトは湯むきしているので、歯触りも良いです。

そして、トマトの酸味がほとんど甘みにかわっています。甘いといっても甘ったるい砂糖のような味ではなく、全体がフルーツトマトの様なフルーティな味で、しっとりとしています。

砂糖はあくまでメインのトマトを甘みを引き立てる程度なので、気になるほど強くはありません。

これはフルーツになったトマト、あるいはデザートになったトマトというにふさわしい食べ物です。中のみずみずしさが広がった時に、シナモンの風味が少しだけ出てくるんですよ。それが味に奥行きを出して、普段のトマトと一味違う味わいを広げます。

そして、もう一口食べたくなる余韻を残します。

今回は冷やし始めて6時間くらいで食べましたが、1日経って食べてみても特に甘ったるくなることはなかったですよ。

余ったトマトにも使える

シナモンシュガー

今回、半量のトマト3~4個に対してシナモンスティックはシナモンシュガー小1/2(砂糖入りだったので、気持ち砂糖の分量を減らしました。)、レモンの輪切りは食卓レモン大1/2で代用して、うまくできました。

私はシナモンは嫌いじゃないけど効きすぎてるのは嫌いな味覚で、この量のシナモンシュガーだとほんのりシナモン風味なので丁度良かったです。

調味料さえあればトマトだけで作れるので、余ったトマトを使うのにもいいレシピだと思いました。

また、このレシピだと1個位は食べれてしまうので、デザート感覚で沢山トマトが食べられるところも良かったです。

気になったところ

砂糖が多い

気になるとしたらもうこれが真っ先に出てくるでしょう。

トマト3~4個に対して砂糖を1/2カップ使います。

コンポートなので砂糖を使うのはしょうがない点ではあります。

でも、コンポートは食べる時はシロップなしで食べられるので、ジャムのように砂糖が丸ごと口に入るわけではないです。

ここは捉え方次第でしょう。

鍋や容器選びに気を遣う

トマトのコンポート

途中の工程で、トマトがぴったり収まる程度の鍋に入れたり、容器に入れたりするところがあるので、ちょうどいい入れ物選びに気を遣うところはありました。

上の画像の容器は大きすぎてシロップに浸かってなかったので、小さいものに移し替えましたよ。

トマトのコンポート

結論

おススメレシピ!

トマトがデザート感覚で食べられるコンポートのレシピ。

火を通したにもかかわらず、酸味はフルーティな甘さに変化しており、フルーツの様な、デザートの様な新しいおいしさです。

材料に関してですが、半量のトマト3~4個に対してシナモンスティックはシナモンシュガー小1/2(砂糖入りの物でした)、レモンの輪切りは食卓レモン大1/2で代用してもいけましたよ。

トマトが好きな人にはもちろんオススメ、トマトとシナモンの両方好きな人なら、「この味は知っておいたほうがいい!一回試してみて!」と言える間違いないレシピです。

まずは半量で作ってみるのがおすすめです。

(シナモンが嫌いな人は、このレシピではないほうがいいでしょう。)

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事