「プルコギそうめん」は味はいいけど量に気を付けて【3分クッキング】

プルコギそーめん

「プルコギそうめん」を作りました。

3分クッキング、田口成子先生のレシピです。

めんつゆいらずで野菜もしっかり「プルコギそうめん」のレシピを紹介!

ソーメン、牛肉、ピーマン、にんじん、もやしが主な材料です。

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

プルコギそーめん

良かったところ

おかずそうめんが新しい

そうめんの上に炒め物を乗せるのは初めてだったので、新しくておいしかったです。

味付きそうめんのような、汁気のあるそうめんビーフンのような印象でした。

しるけ

ソーメンにちゃんと汁がなじむのか?という点だけ心配していたんですが、汁気が十分にあるので、混ぜれば味付きソーメンになりました。

牛肉は下味をつけた時に全部汁気を吸っちゃうので、煮汁が本当に出るのか不安だったんですが、炒めていくうちに汁気が出てきましたよ。

コチュジャン入れたほうが断然おいしい

そのままでも味がついていていいのですが、コチュジャンでパンチが加わると割増しでおいしくなります。「お好みでコチュジャンを添えて」と書いてありますが、コチュジャンはセットで用意しておくのがおススメです。

気になったところ

作るのが楽ではない

野菜を茹でて和える、肉に下味をつけて焼く、そうめん茹でる・・。と、それぞれの素材を別々の鍋で調理する必要があるので、量はできるけど少し手間のかかる印象でした。

またボウルやザル、鍋などをそれぞれ使う工程があるので、洗い物が多く出る所は気になりました。

量が多いから気を付けて!

何より一番伝えたいのはこれ。

量が多すぎました。

プルコギソーメン

出来上がりをそのまま大皿に入れたら、ホテルのビュッフェにある大盛り皿のような、大食いの人が食べるご飯のような、ものすごいボリュームの見た目になってびっくりしてしまいました。

食べてみると人数は5人前、下手したら6人前近くありました。よほど食欲旺盛でも限り、これを4人で食べるのはきつかったです。(これ1品だけの場合でも、きついと思います)

量も多いので、自然と「食べなきゃ」という強迫観念のようなものが生まれるのも嫌でした。他にもおかずを用意できるなら、2/3量くらいが無理がなくて丁度よいと感じました。

ただ、2/3量となると分量が全部中途半端になるので、おススメできる作り方は結構限られていて、食欲旺盛な方がいない場合、5人家族で分量通り、あるいは3人家族で半量作って、他のおかずもありで食べるというのが現実的になるのではないかと思います。

味は好評だったので、作るとしたら次回は半量ですね。

結論:作る量だけは気を付けて!

(量が多いことを知っていれば)おススメレシピ!

量の関係でこのまま作るのはおすすめできませんが、味はおいしいので、作る量を調整できるならおススメできるレシピです。

5人家族の人は分量通り、3人家族の人は半量で作ると多すぎない量になって良いでしょう。

4人の場合は中途半端なので悩みどころですが、もしよく食べる人がいない場合には、分量通りだと次の食事まで持ち越す量で、分量そのままに麺を200g(4束)に減らすと丁度良いかと思います。あるいは半量で作っておかずを2品くらい付ければちょうどよいくらいになると思います。

おススメできるおいしさだけど量の調整がネックなので、1軍メニューにはならないかもという感じでした。

コチュジャンはあったほうが断然おいしいので、用意しておくとよいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事