えのき豚は味は良いが、エノキが少し多いと感じた感想【きょうの料理】

えのき豚

「えのき豚」を作りました。

みんなの今日のレシピ、小林まさみ先生の料理です。

主要材料はえのき、豚しゃぶ肉、大根とポン酢等があれば作れます。

小林 まさみさんのえのきだけ,豚肩ロース肉を使った「えのき豚」のレシピページです。えのき特有の食感がきいて、食べごたえのある一品。シンプルな味つけでえのきのうまみを生かします。 材料: えのきだけ、豚肩ロース肉、大根おろし、ポン酢しょうゆ、一味とうがらし、柚子(ゆず)の皮、酒

では、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

簡単でボリュームがある

えのき豚

作り方はフライパンでえのきと豚肉を蒸して、大根おろしとポン酢をかけるだけなので、簡単です。フタをして3分くらいで画像の状態→炒めて完全に火を通しました。

おろしはたっぷりあったほうがおいしいので、4人前作るなら1/3~1/2本あったほうが良いです。あと薄切りのしゃぶしゃぶ肉であることによって柔らかいので、肉は指定通りの物を使うとよいです。

さっぱりしていてボリュームがあるので、夏にも向いているレシピです。

えのきの歯ごたえが良い

エノキのシャキシャキした歯ごたえが良いです。

イメージ的には「肉でゴージャスになったキノコのおろし和え」です。

たっぷりのおろしとポン酢で食べるとよいです。

気になったところ

エノキがメインになってる

えのき豚

画像を見るとわかると思うんですが、エノキが麺かと思うくらい沢山入っています。

実際に食べると、ここまではエノキいらないかな・・という印象が強かったです。

次作るときは肉をもっと増やしますね。

エノキが歯につまる

エノキがたっぷり入っているので、とにかく歯につまります。

歯ごたえが強いのは魅力でもあるのですが、すきっ歯の人とか、歯が弱いお年寄りの方には食べにくいレシピといえるでしょう。

結論

お肉を増やせばおススメレシピ!

レシピそのままの分量で作ると「エノキのおろし和え~肉を添えて~」という感じで、エノキが主役になりすぎている点が気になりました。

さっぱり食べられるシンプルさで味はおいしかったので、もし次回作るならエノキ2袋、肉200g位に調整して作ろうかと思います。

【追記】

4人前をエノキ1袋、マイタケ1袋、肉200、大根約1/2本で作ったところ、ちょうどよくできました!

えのき豚

次回からはこのレシピで作ることにします。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事