ぎゅぎゅっとアイス和梨味の感想

ぎゅぎゅっと和梨

「ぎゅぎゅっと和梨」というアイスを買ってきました。

ぎゅぎゅっと和梨

アイスの分類は氷菓で、梨果汁24%入りです。

ぎゅぎゅっと和梨

砂糖よりも、梨果汁のほうが多いです。

ぎゅぎゅっと和梨

開け方が書いてあります。

ぎゅぎゅっと和梨

このままかじっていくタイプのアイスです。

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

しゃくっとした食感で、中は砂糖と果汁を含んでいるせいか、表面よりもみずみずしさのある舌触りがしました。

梨のエキスの味がしっかりでてくるので、梨味なのはわかるんですが、後に残る甘さは梨よりも砂糖や甘味料を連想させる味のほうが強いです。

なので梨そのものをぎゅっと濃縮した素材のおいしさという感じではなく、「砂糖水を凍らせたものに梨エキスをしみ込ませたようなイメージ」でした。

これだけ果汁が多いなら、もう少し梨そのものの甘さを生かす工夫をしてほしかったです。

結論

(イマイチに近い)普通お菓子!

梨エキスが入った氷菓アイス。

梨そのものの甘さよりも、砂糖と甘味料系の甘さの方が強かったです。

良く言えば「昔ながらのシャーベットアイスの進化形」、悪く言えば「後味が甘ったるくて素材の良さが生きてない」という印象でした。

リピはなしです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事