乳酸菌ショコラアーモンドチョコレートの感想

foodpic7113330

「乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート」を買ってきました。

乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート

「生きた乳酸菌が100倍とどく」と書いてあります。

乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート

ただし、この100倍は「乳酸菌原料をチョコで包まない場合に比べて」ということのようです。イマイチイメージがつかめないですね。

foodpic7113332

裏面にも、「乳酸菌が100倍とどく」というフレーズが強調されています。

乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート

見た目は特に変わらないですね。

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

チョコは甘さのあるミルクチョコタイプです。

普通のアーモンドチョコとの違いは感じず、神経質に食べれば、わずかに口から抜ける酸味のようなものがあるようなないような、と思うくらいで、特に変な味がするという事はありません。

何も言われずに手渡されれば、違和感なく食べられます。

値段は少し高いですが、これで乳酸菌が100倍とれるならいいですね。

結論

ふつうお菓子!

普通のタイプと味は特に変わらない、アーモンドミルクチョコ。

同じお菓子でも、乳酸菌が100倍もとれるならいいですね。

と言いたいところなんですが

と、言いたいところなんですが。

今回は怒っています。

というのも、「では何個食べれば食物でいう何の何グラム分に相当するのか」という具体的なことが、何も書いてないからです。

乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート

公式ページも調べたんですけど、やはり「乳酸菌原料をチョコで包まないよりは100倍」という言葉しか見つかりません。

これって元がものすごく少量であれば、例えば極端な話、1箱食べてもヨーグルト2g分と同じ、ということもありうるわけですよね。

この場合100倍の表示はあっていても、消費者の思う100倍のイメージとはかけ離れているわけです。

もし消費者だったら、具体的にどれくらいなの?って思う人は絶対にいるし、一日何粒が目安量なのかしらって思う人もいるはずです。それは企業側も想定がつくはずなのに、正確な説明をせずに「100倍」という言葉で深く考えない人を落とし込もうとする所に、強い不信感を持ちました。

面白いパッケージやこだわりのある外見はそれだけで食べるのがわくわくするし、作っている側の熱意やこだわりを感じられて、好きなんです。

でも、この商品のように、消費者にきちんと向き合わない姿勢のお菓子は大嫌いです。

味は普通でしたが、気持ち的にはイマイチと言いたくなる食べ終わりでした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事