【3分クッキング】ピーマン、こんにゃく、豚肉のピリ辛炒めの感想。こんにゃくがうまくなじんでました

ピーマン、こんにゃく、豚肉のピリ辛炒め

「ピーマン、こんにゃく、豚肉のピリ辛炒め」を作りました。

キューピー3分クッキング、萩野恭子先生のレシピです。

主な材料は

お手軽素材でササっと出来る「ピーマン、こんにゃく、豚肉のピリ辛炒め」のレシピを紹介!

それでは、辛口レビューです。

スポンサーリンク
レクタン大

感想

良かった所

こんにゃくがあってる

こんにゃくを炒め物に入れるのは不安だったんですが、見事にあっていました。

ピーマン、豚肉、こんにゃくとそれぞれ違う食感なんですが、タレは水溶き片栗粉でとろみがでていて、全体としてまとまりがあります。

無理やり入れた感がない、こんにゃくがあってこそのおいしいレシピになっていました。

こんにゃくのクセがない

あく抜きこんにゃくを下茹でせずにそのまま使いましたが、食べたときにこんにゃくの癖がありません。タレもなじんでいて、食べやすくてよかったです。

一応ピリ辛

豆板醤小1だとウチではたいてい辛すぎるんですが、今回は大丈夫でした。

おかずそのままでもノドには来ない許容範囲の辛さで、ご飯と食べればちょうどよいです。

炒めたときに出るこんにゃくの水分で、辛さが多少薄まったのかもしれません。

ピリ辛という言葉につられて作ったら激辛だった!という人でも、これなら割と大丈夫です。

気になったところ

人によっては辛いかも

一応ピリ辛の範囲には収まってるんですが、人によっては辛いかもしれません。

豆板醤小1でも食べれますが、欲を言えばもう少しだけ辛さ控えめがいいです。

刺激的なのが好きではないけどピリ辛が食べたい、という人は、豆板醤を小1/2くらいにするのがおすすめです。

結論

おすすめレシピ!

こんにゃくがあってこその味を出していて、食べやすさ、味の統一感、どれをとっても満足できる味でした。

これは新しくておいしい、おすすめレシピです。

辛さに敏感な人は豆板醤小1/2くらいにしても良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事