【3分クッキング】「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作った感想。日持ちする簡単常備菜です。

【3分クッキング】「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作った感想。日持ちする簡単料理です。

「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作りました。

キューピー3分クッキング、真藤 舞衣子さんのレシピです。

主な材料は玉ねぎと、市販品の好みのポン酢しょうゆです。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料(作りやすい分量)

玉ねぎ (小)2個(300g)
ポン酢しょうゆ(市販品) 100ml

作り方

  1. 玉ねぎは縦半分に切り、7~8mm幅のくし形に切る。
  2. ボウルに玉ねぎを入れてポン酢しょうゆを注ぎ、玉ねぎをほぐしながら軽く混ぜる。水を入れたボウルなどで重石をし、しんなりして色づくまで1時間ほどおく。保存容器に入れて冷蔵庫で冷やす。◆保存は冷蔵庫で10日ほど。

引用元:キューピー3分クッキング 真藤 舞衣子さん「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」2017.06.03

では、作ってみます!

「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作ってみました!

下準備

玉ねぎは縦半分に切り、7~8mm幅のくし形に切っておきます。

ポン酢に浸けて1時間

ボウルに玉ねぎを入れてポン酢しょうゆを注ぎ、玉ねぎをほぐしながら軽く混ぜます。

ポン酢しょうゆは市販品のものをお好みでとのことだったので、今回は味ぽんを使って試してみます。

水を入れたボウルなどで重石をし、しんなりして色づくまで1時間ほどおきます。

1時間後の様子です。

少ししんなりして、味がなじんでいるように見えます。

保存する場合は容器に入れて10日ほどもちます。

【3分クッキング】「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作った感想。日持ちする簡単料理です。

今回は1時間後のものをそのまま食べます。

では、いただきます。

感想

良かったところ

簡単

たまねぎをきって醤油ポン酢につけておくだけなので、作り方自体は簡単でした。

スライスよりも食べごたえがあるけれど、ポン酢しょうゆで辛味が和らぐ

新たまをスライスしてぽん酢をかけることはあったので、くし形切りを漬けこんでおくことでぽん酢がけと何か違いはでるのだろうか?と興味があったのですが、玉ねぎの辛味の部分にポン酢しょうゆの味が入るので、玉ねぎの食べごたえはあるのだけれど辛味が感じにくくなっていたところが良かったです。

また、シャクシャクした食感は残っているものの表面は固くなく、少ししんなりとした柔らかさが出ていていました。

凄く大きな変化ではないのですが、少し手をかけて作ったような一品になり、このような食べ方も良いと思いました。

気になったところ

1時間以上だと濃くなるかも

【3分クッキング】「玉ねぎのポン酢しょうゆ漬け」を作った感想。日持ちする簡単料理です。

今回ぴったり1時間のところで食べたのですが、味の入り具合は少量食べる分にはいいけれど、サラダの様な野菜感覚で食べるには気持ち味が濃いと思いました。

今回は一度で食べてしまったのですが、もしこれが次の日まで漬けたままだと、さらに濃くなるのではないかと思います。イメージ的にはサラダにドレッシングをかけて底に浸ったまま残ってしまった二日目の野菜みたいな感じです。

個人的には一品としてそのまま出すなら、1時間よりももう少し短いくらいでもよかったかなと思いました。あるいは一品として食べるのではなく、トッピングに少しずつ使うような食べ方でもよいかもと思いました。

できあがりは2人前だと2回分、4人前なら1回分で食べられてしまうくらいの分量でした。

たまねぎをしょうゆポン酢で漬けるというのは良かったのですが、分量比と時間は少し調整したいという感想でした。

ポン酢が余る

あと、漬けた後のポン酢が余ってしまうところが人によって気になるところだと思いました。

結論:ポン酢しょうゆの味が玉ねぎに入るので、食感はあるけれど辛味がわかりにくくなりました。組み合わせは良かったですが分量比と時間は変えたいです。

(おすすめにちかい)ふつうレシピ!

くし形切りにしたたまねぎを醤油ポン酢につけて置いておくだけの、簡単常備菜レシピ。

スライスしたたまねぎに醤油ポン酢をかけてそのまま出すものよりも食べごたえがあり、辛味をやわらげるように醤油ポン酢の味が入っていました。表面も柔らかさとしっとり感が出ていて、食べやすい所も良かったです。

ただ、1時間ぴったりで食べてみたところ、食べていくうちに少し濃さが気になるかなという感じで、副菜として食べるなら時間を短くしたり、量を調整したほうがより好みでした。

1日置くとよりポン酢が染みて結構味の入りが濃くなってしまうと思うので、トッピングに少しずつ使ったり、使い方次第ではアレンジが広がる常備菜でしょう。

【追記】放送では、サラダに和えたり、お肉の付け合わせ、炒め物に使っても良いと話していました。

味加減の関係でリピートにはなりませんでしたが、作り方はためになったレシピでした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事