「豆腐のオリーブ油漬け」がチーズのような味わいになるというので作ってみると・・【3分クッキング】

豆腐のオリーブ油漬けを作った感想。

「豆腐のオリーブ油漬け」を作りました。

キューピー3分クッキング真藤 舞衣子さんのレシピです。

主な材料は木綿豆腐とローリエ、オリーブ油です。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料:作りやすい分量

木綿豆腐 1丁(300g)
大さじ1
ローリエ 1枚
オリーブ油 100ml

作り方

  1. 豆腐は塩をまぶし、2枚重ねにしたペーパータオルで包み、1kg程度の重石をして冷蔵庫に入れ、半日ほどおいて水気をしっかりときる(途中、一度ペーパータオルを替える)。
  2. (1)の豆腐を1cm角に切って保存容器に入れ、ローリエも加え、オリーブ油を材料がかぶるまで注ぎ、半日ほど漬ける。

引用元:キューピー3分クッキング 真藤 舞衣子さん「豆腐のオリーブ油漬け」2017.05.27

では、作ってみます!

「豆腐のオリーブ油漬け」を作ってみました!

半日豆腐の水切り

豆腐は塩をまぶし、2枚重ねにしたペーパータオルで包み、1kg程度の重石をして冷蔵庫に入れます。

途中一度ペーパータオルを替え、半日ほどおいて水気をしっかりときります。

水気が抜けて少し締まったような見た目になりました。

オリーブオイルに浸ける

豆腐を1cm角に切って保存容器に入れ、ローリエも加え、オリーブ油を材料がかぶるまで注ぎ、半日ほど漬ければ完成です。

豆腐のオリーブ油漬けを作った感想。

できました。

では、いただきます。

感想

良かったところ

3日目あたりからモッツァレラチーズに近い変化があった

漬けて半日の状態だと、「変わろうと頑張っている豆腐。でもチーズではない」という感じです。水切りしているのでそのまんま豆腐ではなく少し味も食感もしまっているのですが、食べてみると豆腐の原型が3割くらい残っているように感じます。

また、塩を多く振っているので、塩気が強いです。その代わり、その塩がオリーブオイルとなじんでチーズの塩気を連想させるような味になっていました。

これが3日目に差し掛かかるくらいになると豆腐の中心部までオリーブオイルが浸透して、モッツァレラチーズの食感や味に7割くらい近づきました。1日目には少なかった味のコクやモッツァレラチーズの弾力感に似た食感が少しでてきて、いつもモッツァレラチーズで作っているサラダをこの豆腐で代用してみたら、豆腐であることはほとんどわかりませんでした。

作るまで時間はかかってしまう上に塩気も強めだけれど、モッツァレラチーズってなかなか高くて買えないので、選択肢の一つにするには悪くはないという印象でした。

気になったところ

塩気が強い

多めの塩で水分をぬいているので塩味が下味のように中に浸透していて、それだけでお酒のおともにもできそうな塩味でした。

塩半分くらいで作れたら味加減もちょうどよいのにと思い塩半分で試してみたところ、今度はチーズの様なところまで変化しなかったので、この塩の量もポイントの一つになっているのだろうと思いました。

オリーブオイルの使い道

角切りにした豆腐は適当にいれてしまうとオリーブオイル100mlで浸かりきらなかったので、効率よく入れるとオイルが節約できてよかったです。

オリーブオイルを捨てるのがもったいなくてパンに抜いたりサラダにかけたりして食べたのですが、100mlもあるとすぐに消費というわけにもいかないので、何か使い道の提案をしておいてもらえたらなお良かったです。

あと、冷蔵庫に入れっぱなしで2日目以降になると、こんな風にオイルが固まり気味になりました。

少し常温に出して置いておけば溶けるのでこの点は大きな問題ではなかったです。

完成まで最低1日

また、つけるのに半日、つけてから半日と、作ろうと思ってから出来上がるまでに最短でも1日かかってしまうところは手軽さに欠けました。

とはいえ、それぞれの作業量は少ないので、手間自体はさほどかからなかったです。

結論:完成直後はまだ豆腐が残っているが、3日目くらいになるとモッツァレラチーズに7割ぐらい近づいた。ただし塩気は強めです。

(おすすめに近い)ふつうレシピ!

豆腐がチーズの様な味わいになるという、オリーブ油漬けレシピ。

漬けて半日くらいだとまだ豆腐の面影が少し残っているのですが、3日目くらいになるとモッツァレラチーズの様なコクや弾力が少しだけでてきて、サラダに代用したら豆腐であることがわからないぐらいに変化がありました。

ただ本物のチーズよりも塩気が下味のように浸透しているので、しょっぱいまではいかないけれどそれに近い塩加減で、そのままで食べるというよりはどちらかというと他の味は足さずにパンやサラダにのせて食べたり、おつまみ向きな味加減になっていると思いました。

オリーブオイルが浸透するまで日にちはかかってしまうけれど、モッツァレラチーズって100gで200円以上してしまうので、価格面や出来上がり具合を考慮すると「塩気は強いけれど代用品としてはどちらかというと有り」という印象でした。

塩気の問題だけ解消されれば満足だったのですが、塩を減らして作ったら今度はチーズに近づかなくなってしまったので、自分の中の天秤にかけてリピートには至らずという感想でした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事