【3分クッキング】「キャベツとひき肉の重ね煮」を作った感想。ロールキャベツのミルフィーユ版のようでした。

キャベツとひき肉の重ね煮

「キャベツとひき肉の重ね煮」を作りました。

キューピー3分クッキング、小林まさみさんのレシピです。

主な材料はキャベツ、合いびき肉、パン粉、トマト、サワークリームです。

では、作り方と作った感想です。

スポンサーリンク
レクタン大

作り方

材料(4人分)

キャベツ 約1個(700g)
合びき肉 300g
玉ねぎ 1/2個(100g)
パン粉 1/4カップ
1個
小さじ2/3
こしょう 少々
トマト 2~3個(300g)
1カップ
洋風スープの素 小さじ1/4
小さじ1/2
こしょう 少々
オリーブ油 大さじ1
サワークリーム 大さじ2

作り方

  1. キャベツは1枚ずつはがし、2~4等分に切る。玉ねぎはみじん切りにし、トマトはざく切りにする。
  2. ボウルに合びき肉、玉ねぎ、パン粉、卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練る。
  3. 鍋(直径22cm)にキャベツの1/3量を重ねながら広げて入れ、手でぎゅっと押さえる。上に(2)の半量をのせ、周囲を少しあけてざっと広げる。さらにキャベツの1/3量を重ねて押さえ、残りの(2)を同様に広げ、残りのキャベツを重ねて押さえる。
  4. 分量の水、洋風スープの素、塩、こしょうを混ぜ合わせて(3)に注ぎ、トマトをのせる。強火にかけ、ひと煮立ちしたらふたをし、弱めの中火でキャベツがやわらかくなるまで30~40分煮る。
  5. トマトをくずし、オリーブ油を加え、煮汁をお玉ですくって数回かける。
  6. 器にとり分けて盛り、サワークリームをのせる。

引用元:3分クッキング 小林まさみさん「キャベツとひき肉の重ね煮」2017.04.25

では、作ってみます!

「キャベツとひき肉の重ね煮」を作ってみました!

下ごしらえ

キャベツは1枚ずつはがして2~4等分にします。

玉ねぎはみじん切りにし、トマトはざく切りにしておきます。

肉ダネづくり

ボウルに合びき肉、玉ねぎ、パン粉、卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練ります。

鍋に重ねて蒸し煮する

鍋(直径22cm)にキャベツの1/3量を重ねながら広げて入れ、手でぎゅっと押さえます。

肉ダネの半量を周囲を少しあけてざっと広げてのせ、キャベツの1/3量を重ねて押さえます。

同じようにして、肉ダネ→キャベツと順に重ねて押さえます。

分量の水、洋風スープの素、塩、こしょうを混ぜ合わせて注ぎ、トマトをのせます。

強火にかけてひと煮立ちしたらふたをし、弱めの中火でキャベツがやわらかくなるまで30~40分間煮ます。

最初はこんな風に蓋がしまらなかったのですが、3分ほどして、蓋がしまるようになりました。

約40分後の様子です。かさは鍋の半分くらいの所まで減りました。

トマトをくずしてオリーブ油を加え、煮汁をすくって数回かけます。

器にとり分けて盛り、サワークリームをのせれば完成です。

キャベツとひき肉の重ね煮

できました。

では、いただきます。

感想

良かったところ

じっくり煮込んだロールキャベツのミルフィーユ版のような味

層に重ねているのでお肉の旨味がキャベツに入っていて、味の構成はじっくり煮込んだロールキャベツを連想させます。

キャベツも柔らかさや甘みがでていて、素材のおいしさが生かされているところが良いです。以前作った平野レミさんの「食べればロールキャベツ」も連想させる味です。

スープもトマトの酸味をほんのり感じる素材メインのすっきりした味で、そのまま飲んでしまえるくらいの味付けでした。

大きく切り分けた見た目とサワークリームで豪華さもでる

キャベツとひき肉の重ね煮

また、出来上がったものをそのまま大きく切り分けるので見た目にも豪華さがあります。

サワークリームがのるとより見た目も味も高級感が出て、「お店で出てきてもおかしくない料理だね」なんて話しながら食べていました。個人的にはサワークリームありの方がよりおすすめです(サワークリームが余ったら、後日「秘伝牛トマ」を作っても。)

気になったところ

煮込みに約40分かかる

煮込む時間に40分かかるので、スピードメニューではなかったです。

ただ、キャベツの下ごしらえは芯ごと切ってしまえたりと、下準備はなるべく簡単に作れるようには配慮がされていました。

一番最初に準備して、煮込みに入ったら他の料理を準備してという感じでも良いと思いました。

お箸だと食べにくい

お箸だけだと食べにくいので、ナイフは一緒に用意しておいた方がよかったです。

ナイフとフォークで少しずつ食べても良し、大きめに切り分けて豪快に食べてしまうもよしな料理でした。

フタが最初はしまらなかった

最初はふたがしまらなくて不安になってしまったので、レシピに「しまらないこともあるけど心配しなくて大丈夫!」みたいに書いておいてもらえたらもっと安心して作れてよかったです。

私は22cmの鍋で作って最初は3センチ程はみ出るくらいだったので、もっと小さいサイズのお鍋を使うとより多くはみ出ると思います。

時間が経つと高さが半分近く減るので結局は大丈夫になるとは思うのですが、お鍋のサイズは確認してから作ると、より作りやすくなると思います。

結論:じっくり煮込んだロールキャベツをミルフィーユにしたようなレシピ。40分煮る時間はいるのでスピードメニューではないですが、それに見合うおいしさでした。

おすすめレシピ!

キャベツをまるまる1個使って作る、ひき肉とキャベツの重ね煮レシピ。

お肉とキャベツがそれぞれ薄めの層になっているので、うま味が隣の層にも染みていて、キャベツの甘みやお肉のうま味がメインの素材が生かされた味になっていておいしかったです。

大きく切り分けた見た目とサワークリームを乗せるとよりごちそう感も出て、見た目にも味にも満足のレシピでした。

30分~40分煮る時間が必要なものの、加熱中はほとんどほったらかしでいいので、一番最初に煮る所まで作って、あとは他のおかずの準備をすれば時間の負担も減らせそうでした。

お箸だけだと食べにくいので、ナイフは一緒に用意しておくとより良かったです。

これはまた作りたいです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事