「カップヌードルぶっこみ飯」を食べた感想。ラーメンのつゆにご飯をいれたレトルト食品です。

カップヌードル ぶっこみ飯

「カップヌードルぶっこみ飯」を買ってきました。

日清カップヌードルの新商品です。

「ぶっこみ飯ってなんだろう?」と思ってみてみると、「ラーメンを食べた後のスープにごはんぶっこんだうまいやつ。わかっちゃいるけど、やめられないやつ。」と説明が書いてあります。

ぶっこみ飯 原材料

中は乾燥したピラフのような見た目です。

お湯を注いで5分で完成です。

では、いただきます。

スポンサーリンク
レクタン大

感想:濃い味の簡易おじやのようです。

ご飯は芯に少し硬さが残っていて、細長い形が少しだけタイ米を連想させるような食べごたえです。


スープは醤油ベースで醤油の濃さは濃すぎたりもなく丁度良いくらいでした。ただ、ベースに塩分があるのでその塩分が少しきつく、結果スープも一緒に食べるにはちょっと抵抗のある塩分の強さでした。

具は普段のカップヌードルと同じようにエビや肉、卵がはいっています。

商品説明は「ラーメンを食べた後のスープにごはんを入れたもの」という風にかいてあったのですが、スープは醤油ベースだけれどラーメンでなくてもありそうだし、ラーメンのおもかげもあまり感じないので、だんだん味の濃い簡易おじやのような食べ物に感じてしまいました。

砕いたラーメンも一緒にはいっていたら、よりラーメンごはん感がでて良かったなあと思いました。

ご飯で結構お腹にたまり、満腹感があったところは良かったです。

結論:ラーメンのつゆにごはんが入ったインスタント食品。麺は一切入っていないので、簡易おじやのようにも感じました。満腹感がそこそこあるのは良かったです。

ふつう食べ物!

ラーメンを食べた後のスープにごはんをいれたものを再現したインスタント食品。

お米は中心に少し芯が残るような硬めのもので、家のご飯を入れるよりも中に軽さがあるような、また一味違うお米になっていました。スープの醤油の味は丁度良いくらいだったのですが、ベースの塩分の高さが後に残るので、ご飯と一緒にスープも飲むのは少し抵抗がありました。

食べすすめていくとだんだんおじやの様な別の食べ物にも感じてしまったので、ラーメンもあらかじめ少し入っていたらよりラーメンごはんの雰囲気がでて良かったなあと思いました。

リピートはなしですが、発想は面白かったです。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事

コメント

  1. にいきみよ より:

    本当に不味い。こんな商品は作ったら、駄目ですね。