三日坊主を変える方法

続ける力仕事・勉強で成功する王道

伊藤真著「続ける力~仕事・勉強で成功する王道」を読みました。

この中に書いてあった「物事を長続きさせる方法」が良い内容だったので、自分なりの解釈でまとめてみることにしました。

スポンサーリンク
レクタン大

「生きること」は「続けること」の集合体

歯磨き

私たちは生きていて、ほぼ毎日お風呂や歯磨き、睡眠といった行動をとっています。

生きることは、沢山の継続から成り立っています。

私たちがそれを継続できるのは、それが自分の中で「当たり前」になっているからです。

では、新しく何かを始める場合はどうでしょうか?

何か新しい事をするのは、自分にとって「例外」です。

だから、「当たり前」よりも継続することがずっと難しいんです。

三日坊主を脱却するには、続けたいことを自分の中で「当たり前」にすることが大切です。

続けたいことを当たり前にするには

継続

では、続けたいことを「当たり前」にするには、どうしたらいいでしょうか。

そのためには、まず「継続」とは何なのかを知るのが大事です。

この本の中で、著者は続けられない理由をこのように書いています。

「どんなことでも、自分の目指すレベルに至るまでは、必ず「退屈で単純なプロセス」が存在する」(20頁)

継続するということは、何をするにしても、誰がやるにしても、退屈で単純な作業の積み重ねです。

だから、三日足らずで嫌になってしまったり、やめたくなるのは、ある意味自然なことです。

著者は、この退屈で単純な作業を長続きさせることで、続ける力を身につけられる。と書いています。

退屈で単純作業を長続きさせるコツ

継続する為には、退屈な単純作業をする必要があることがわかりました。

では、退屈な単純作業を長続きさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

私はこの本を読んで、以下の三点を学びました。

1、やるべきことをなるべく少なくして、ハードルを下げる

一つ目は、やるべきことをなるべく少なくして、ハードルを下げる事です。

いきなり一日の目標を高く設定したり、ハードなスケジュールを組む必要はありません。

毎日続けられるくらい手軽な方が、継続しやすく、達成感も感じやすいです。

飽きてきたら1からやり直してみたり、時間を計ってみたりして、単純さの中に新しさを見つけてみるのもポイントです。

2、自分の中でその行動を習慣づける

二つ目は、自分の中でその行動を習慣づける事です。

人間は原則に戻ろうとする習性があります。

新しく始めたことは、自分にとって「例外」なので、なかなか続きません。

そこで、自分の生活の中に取り入れ、原則にしてしまうのが良いです。

これは少しずつ続けやすいライフスタイルに変えたり、自分の考え方を変えていくことが必要です。

目標を達成できた自分や、その先の自分がどんな風にしているのか想像してみましょう。

紙に書いて計画を立ててみたり、その日にやった事を書いてみるのも効果的です。

3、少し力の抜けた姿勢ぐらいでいい

三つ目は、少し力の抜けた姿勢ぐらいでいい、という事です。

攻略しようと意気込むよりも、少し力の抜けたくらいの姿勢のほうが、続けやすくなります。

一日やれなかったくらいで、気に病むことはないんです。

一日一分でも、三日に一回であったとしても、それを続けていれば、気が付いたときには立派な「継続」になっています。

まとめ

三日坊主は気に病むようなことではなく、誰にでも起こる事です。

単純で退屈な作業をどう楽しむか、どのような気の持ちようで挑んでみるか。

考え方を少しずつ変えていくことで、続ける力が身についてくるでしょう。

おまけ

この本には、その他にも

「いい時は誰にでも必ず訪れる。人と比べず、自己ベストを更新し続けよ」

「「自分はもうダメだ」と言っている自分は、今の自分に見切りをつけられるほど立派なの?ただマイナス思考になってるだけだよ」

という内容の話があり、心に響きました。

小さな名言が沢山ある、良書でした。

スポンサーリンク
レクタン大
関連記事